中国輸入を学ぶ!ネット物販講座!

松下です。

コロナ禍でテレワークが増えてきた中、中国ビジネスに着手する方も増えてきている昨今ですが。

今回は、中国輸入商品をamazonで販売されているYさんのお話しをご紹介致します。

Yさんは普段はサラリーマンとして働きながら、副業として不動産賃貸業を営んでおられます。

そんな中で新たに中国輸入ビジネスを開始されたわけですが、実際にどんな事をされているのでしょうか?

 


 

【 中国輸入ビジネスの流れ ~amazonで販売する場合~ 】

まず初めに、ショップの立ち上げは最初の3ヶ月間が重要です。

資本金20〜30万ほどを元に。

● ショップ名

● ブランド名 ( 実際に商品を販売してから商標登録もする)

を決めたり、JANコードを申請したりリサーチをしたり。

特にリサーチは重要であり一番大変な作業で、ひたすらamazonのページを見たり売れてる商品を探したりする必要があります。

※リサーチツール(有料)などもあります。

 

2ヶ月目からは、そのリサーチを元に売れている商品を発注。

※発注は中国輸入代行業者に注文と発注依頼します。(ネットで日本語で対応してくれます)

そしてamazonセラー登録をして商品ページを作成します。

 

こうして常に市場をチェックしていくのですが、やはり全ての商品が売れていくというわけでもなく・・・・・。

ライバルとの価格競争に陥ったりもして利益が出ず辞めるという事もありますので、とにかくリサーチや売れ行き分析を頑張って自分との戦いに勝つ必要があります。

キーポイントは、3ヶ月でリサーチ件数をどれだけ上げられるか?

リサーチ件数が多ければ多いほど、物を輸入して売り上げに反映させられるので、売上も伸びていく事となるからです。

 


 

その他にも必要経費や商品紹介の写真の枚数や加工の必要性、中国からの輸入時期の注意点など詳細を動画でお話しして頂いております。

 

動画は会員限定ページに置いてありますので、中国輸入ビジネスを考えてらした方もこのブログを読んでご興味を持たれた方も、気になった方は是非会員登録をして覗いてみて下さい♪

 

この記事はこちらの動画をまとめたものです、詳しく試聴をご希望の方はこちらから。

 

松下

メルマガをご購読の方も!

秘密の不動産情報を公開
松下一郎公式LINE

今なら物件の「買い」を判定できるツール「収益さん」とその使い方動画をプレゼント!更には抽選で無料コンサルティングをプレゼント中♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください