【基本】年収と手取りの違いについて

松下です。

スポンサードリンク

日々いろんな方とお話をする上で副業を極められている方でも

年収と手取りの違いを理解されておられない方がおられましたので

記事にさせていただきますね。サラリーマンの場合になります。

では早速例を挙げて説明いたします。

【年収】

下図の660万円と書かれているところは年収を示します。額面といったりもしますね。

下図の474万円とかかれているのが控除後の給与所得控除後の所得を示します。

次に308万円と書かれているのが、各種所得控除の合計になります。

【課税所得】

474-308=166万円が課税所得となり、ここに税率をかけて所得税を計算します。

166万円の場合、5%(超累進課税で税率決まってます)なので、83000円となるが東日本大震災の復興

税を入れて84700円が所得税額となります。

【手取り】

所得税や社会保険料などを引いた自分で使えるお金を手取りと言いますね。

この手取りがどうやって増やすか考えるようにするとよいと思います。

https://internet.watch.impress.co.jp/docs/special/1166680.html

式に表すと

手取り=(年収ー給与所得控除ー各種所得控除)*所得税率ー社会保険料他

となります。

先ほど書いたどうやって手取りを増やすか?

というと年収を増やすか各種課税所得額 を増やすとよいとわかります。

なぜ各種課税所得額を太線にしたかというとサラリーマンは年収を増やすのは

とてもとても難しいからです。この記事ではこのくらいにしておきます。

いつもいう現在値、収支、フローの話をするときは手取りを扱いますので、

まず手取りが何かをご理解いただければと思います。

松下でした。

スポンサードリンク

メルマガをご購読の方も!

秘密の不動産情報を公開
松下一郎公式LINE

今なら物件の「買い」を判定できるツール「収益さん」とその使い方動画をプレゼント!更には抽選で無料コンサルティングをプレゼント中♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください